スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
祝! K.A.Zさんが夢に初登場!
ブログの書き方忘れちゃったよ。
メリークリスマスですね。
ドエル界ではkenちゃんがクリスマス献金のためにツイッターに出現し、
ドエルたちがスタンプ購入したのを確認するや鮮やかに帰っていかれました。
分かりやすいなkenちゃん!
メリークリスマス!

そして私は今朝、昨日我が家に届いたVAMPSの会報を見ながら寝て、相変わらず見事な夢を観ました。
これが珍しくギャグ要素のない、私的に本気出した夢で、
目覚めてしばらく茫然としてましたけど、忘れたら勿体ないと思ってスマホにメモしましたよ(笑)

ということで、よろしかったら私がみた夢の話、暇つぶしにどうぞ。



シチュエーションはZEPP(だと思う)のようなライブ会場の俯瞰で、画像がフラフラしてました。
ライブ会場にはゾンビがウヨウヨうごめいてました。すごく醜悪な姿の。
それをフラフラした映像で上から映してる感じ。

そしてそのフラフラした映像がステージのほうに向かっていって、ステージにストンと誰かが降りたんですけど、
(∂∀6)ちゃんでした。
私、ここで寝ながら「あ~、さっきのは蝙蝠の姿で飛んでたHYDEさんだったのかぁ」と納得。
相変わらずK.A.Zさんが出てこないことを夢の中では気づかない。

で、ライブがスタートするんですけど、爆音!轟音!の曲で、
激しく叫び歌うはいどちゃんの恰好いい姿が映って(残念ながらなんの曲かはわからず)
ぎょえぇぇぁぁぁあああ~~~~っ、ずるずるぅぅ~~~~ってなっていたゾンビたちが、
次々と綺麗なおねーさんや男前に変身していくんですよ!
髪振り乱して、きゅるんっとボンキュッボンな金髪美人になったりするんですねこれが!

そんなでライブ終了して会場から元ゾンビたちがゾロゾロ出てくるんですけど、
みなさんめっちゃ可愛いんです。 全身VAMPSグッズなんですが萌えるほど可愛い(謎)
さっきの気持ち悪いゾンビたちどこいった?

その中の一人の女の子がライブ終了を待っていたと思われる男性のところへ、
もうクラクラするくらい可愛らしい笑顔で駆け寄っていくんです。
ごめ~ん、まったぁ○○くん、てへ♡ みたいな感じで。
それ眺めながら私は「彼氏、一緒にライブ行ったれよ」と思ったりしてるんですけど。

んでまぁ、群衆の中でハグしたりイチャコラしてるんですが、
彼氏の目、もう完全に彼女しか見えてなくてとろ~んとして、生気抜かれてるって感じです。

と、突然ここでライブ会場の建物の屋上?みたいなところで、
そんなライブ終了後のファンの様子を眺めてるHYDEちゃんとK.A.Zさんの姿が映るんです!

そう! 私の夢にK.A.Zさんが初めて降臨です!
もちろん夢の中なので私にそんな感激はありません!

次に映像が二人のビジョンのように切り替わるんですが、
さっきの女の子が彼氏とハグしながら下からこの屋上の二人を可愛い笑顔で見上げてるんですね。

その様子を満足げに確認するとVAMPSのお二人、再び蝙蝠に変身して夜の闇に消えていきました。
K.A.Zさん、台詞なし!
お月様がピンク色だったような・・・・・・

終盤、自分が目覚めそうだというのがわかるんですけど、
いや、こんないいところで起きるわけにはいかない!と必死でした。
最後のほうはかなり自分で意図的に夢を作り上げたような気がします。
器用だな。

起きてからまだ夢なのか現実なのか分からなくて、
「このMV、めっちゃお金と時間がかかってるなぁ~」 って思ってました。
「あの男の子はVAMPSの彼女に取り込まれちゃったんだな」とか。
「こうやってVAMPSたちは仲間を増やしていくのか」とか。

K.A.Zさん、ニヤリとした口元しか分からなかったけど、
初めて夢に出てきてくれて、私が失礼なことしなくてよかった!!!!!

そんな夢でした。
VAMPSからプレゼントもらった気分でした。
スポンサーサイト
【2014/12/25 23:23 】 | 日々 | コメント(1) | トラックバック(0) |
 2013 9.13 ZEPP東京最終前の珍道中
仕事とプライベートのあれこれでなかなかブログが書けませんが、18日は山中湖以来のVAMPSさんに会って参りました。

ライブ前にはいろいろありましたよ、相変わらず珍道中でした。ツイッターでご存知の方も多いかと思いますけど。
名古屋からせいらさんが来たでしょ。
九州からはあみりんさんが来たし。
あみりんさんは大きな方で、細くて別嬪さんでした。頭の回転速い!
松井さんは午前で上がるなんて言ってたのに、結局急ぎの仕事が入ったし。

私はZEPPに通って初めてヴィーナスフォートの奥の店とトイレに行きましたよ。
喫煙所の場所も初めて知りました。そこのロッカーが100円という安さでびっくりしました。
トイレ広かったです。
いつもギリギリで駅からZEPP会場へ直行、直帰なのでいろいろ新鮮。
ヴィーナスフォートの中は外国みたいでディズニーランドみたいでした。田舎もんの感想ですみません。

待ち合わせの店で出会ったオリンちゃんへの感想が、「どなたの娘さんかしら?」
そこにいるメンバーの顔と見比べちゃいましたけど、オリンちゃんって本当に若い娘さんだったのね。
おばたんのお付き合い、さぞや疲れたことだと思います。
お店ではあみりんさんとせいらさんの間に不幸にも座ってしまって、向かい側に座った私はただひたすら気の毒がることしかできませんでした。
そして会話に入れない。
オリンちゃんに話しかけることすらできない勢いで喋りまくる両サイド。

ライブや何かのイベントでは約束をするわけでもないのに必ず出会うかすみさん達とも会えて、ライブへの高揚感も高まります。
ライブの時間も刻一刻と迫ってきますよ~~~。

と、こんな順調に終わるはずはなかった。
最後に椿さんですよ。

いつも何かやるんですけど彼女も。
今回は本当に間際にびっくり、驚かされました。
待ち合わせるまでに何度かメールしてたんですよ。チケットも事前に渡してあったし。
当日も「今○○よ~」「今どこ~」などしてました。
彼女からの「まだ時間あるからちょっとお腹に入れていく~」という連絡の30分後くらいに再び、

「今どこ?」

私たちほとんど椿待ちでずっと同じ喫煙所近くに居たんです。
その間にオリンちゃんもあみりんさんも戦闘服に着替えてきたりして。

「円形になった広場みたいなところあるでしょ? そこの1階だってば」
「わかったー」

数分後また「今どこ? さっきのってどこ?」

さすがにこの時点で嫌な気がしてきましたけどね、取り敢えずチケット持ってるんだし、大人なんだからまずはどっちかって確認するよね?と踏んでいたんですよ。
そしたらさ・・・・・・

「今日のライブってDIVERだよね?(だよね?) 
私今ガンダムのところにいるんだけど」

もうね、キターーーヾ( ゚∀゚)ノ゙ーーーー!!っつうか、
は?今更?今までのやりとりなんやったん?っつうか、
あんた今まで何やってたん?周りの状況でまず疑問持ったら次にすることあるやろ?っつうか、

まだこの時点でガンダムの名前が出てきたことにびっくりですよ!!
そこ誰もおらんやろ!!!

「走って来いっ」
「うん行く」

そしたらさ、次にきた電話が、

「みんなどこ?」
え? だから椿さんの荷物待ちだから喫煙所のロッカーだよ。 ほら広場の・・・
「私もうZEPPの前に来ちゃった」

通り過ぎるなやっ!!

わかってるよ、わかってる。 ライブ終演後に会えないといけないと思って「ライブ後はZEPPのロッカー前に集合ね」と送った私のメールのせいなんでしょ?喫煙所もあるし。
ハァハァハァ・・・・・・・落ち着け私。

その後、爽やかにエスカレーターから降りてくる椿さんに会えました。
みんな待たせたの自覚してか、kazueちゃんが捕獲してくれていたロッカーにみんなのと一緒に自分の荷物入れるの遠慮してモジモジしてたわ(笑)

以上、18日のレポでした。
ライブレポ・・・・・書けるかな。


お返事

>s・・・・さん
わぁ~~~、お返事が大変遅くなりました。すみません。
山中湖は行けれなかったのですね。次の機会には是非。
kenちゃんに関しては深く考えることもないと思います!
音楽なんだから楽しみましょう!

今度はハロウィンですね。Sさんは行かれるのかな?
私は土日に行きます。毎回行ったり来たりでバタバタするので今回一泊の予定!
めったにないことなのでライブ以外のことを今から楽しみにしてます。
(そしてせいらさんと同じホテルということにも)

【2013/09/22 09:16 】 | 日々 | コメント(8) | トラックバック(0) |
小笠原伯爵邸叙情詩の館珍道中
先日はラルクファンの聖地のひとつ、叙情詩PVで使われた小笠原邸に行って参りました。

小笠原伯爵邸

小笠原伯爵邸につきましてはいろいろな方が素晴らしいレポを上げておりますのでしません。
ざっくり言うと、追加で注文したイベリコ豚のハムと、コース料理に入っていたイベリコ豚の備長炭焼が美味しかったです。
これだけあと5皿分くらい食べたかったです。
建物は伯爵が鳥が好きだったそうで、ポッポのモチーフもありました。
伯爵も鳩使いだったんですね(違うよ)

さてね、ご一緒させていただいたメンバー、カップルやお上品(を装った)なマダムたちが静かに会食を進める中、キャッキャうふふふふふ~とかしましい賑やかな集まりでした。

しかし集合時、なぜだか降りる駅を間違える人続出。
11:30会食開始のところ、最寄り駅に11時少し過ぎに到着した私が「みんなどこにいるの~?」とメール飛ばしたところ、「乗り過ごして今代々木」とすぐに返ってきたのはeikoちゃん、せいらママン組のみ。
その後10分ほど音沙汰なし。
kazueちゃんとCHIKAKOさんは多分もう邸に入って写真撮りまくってるんだろう(だからメール来ない)と予想。
「みんなどこにおるんやーーーーーー!!!!」
と、もう一度メールしようと思った頃に、マダムmarikoから「逆方向に乗ってしまい25分頃到着です」

25分頃・・・・・・・仕方ない待つか。
そして腹をすかせながら待つこと10分マダムmariko登場、ほどなく松井さんも登場し、二人揃って上海お土産をいただきます。
精がつきそうなお茶と可愛らしいキャンディー、ありがとうございました。

eiko・せいら未だ来ず。

11:35分過ぎたあたりで邸で写真撮りまくってたkazueちゃんが気づいたんでしょうね、まだ誰も来ないことに。
「中に入ってるわよー、中よ、なかーーーーーーー!!」
と、一見なんか危ない台詞みたいなメールを送ってきました。
私もしびれを切らし、eikoちゃんたちに「先に入ってるね」というメールを送ろうとした矢先、
改札口に向かってくる二人を松井さんが発見。

息を切らし~、胸をおさえぇぇて、久しぶりねとぉ~
という二人を想像していた私は、まだこの期に及んでしゃべくりながら待っている私たちにも気づきもせずにちんたら改札くぐってくる二人を見て一瞬イラッとしましたね。
「あ、お待たせしました~」じゃねーよ。
ふふ、嘘よ(棒読み)
せいらさん、お土産ありがとうございました。マカロンかと思ったら食べ物じゃなかったんですね。
冷蔵庫から出して袋破ってから気づきました。


そして駅から地上に上がっていきなり現れた伯爵邸。駅から極近です。
お料理は・・・・アレってメニューに訳をつけておいて欲しいですね。
私はいちいち聞きたくなるんですよ。
「しまあじのカネロニ」、「カネロニ」ってなんですか?
「キヌアのマオンチーズ風味」、「キヌア? マオン?」
わからずに食べたって面白くないもん。 
時々聞いても答えられない人もいて、そういう時はとことんなんでもかんでも聞いてやって、
なんのために給仕やってんだよと思い知らせたり・・・・・・・へっへっへ

お味は、こんなもんかなという感じでした。
先にも書いたようにイベリコ豚関連は美味しかったです。
魚料理はインゲンのソースが掛かっていましたが、これは彩りもよく美味しいソースでした。

カヴァロサードのシャーベットというものが出てきましたが、カヴァロサード?
こちらはお酒が使われていて、私は最後まで食べられませんでした。

料理よりも、カーテンの下から見えるお庭で作業しているヘルメットと地下足袋衆の動きのほうが気になったりして。
すぐそこでセメントこねてたり、ドリルの音が響いたりしてるんだもん。


マダムたちとの会話は、ロンドン帰りのCHIKAKOさんや上海から一時帰国のmarikoさんなどの現地でのお話が面白く、また止めどなく流れるせいらママンのボケ(無自覚)に鋭くツッコむeiko女子、それを感心しているんだかソフトにツッコんでいるんだかわからないマダムmarikoのお喋りに耳を傾けるその他(kazueちゃん、CHIKAKOさん、松井、栄)という図式でしたでしょうか。

霧のロンドンは日本よりも湿気っておらず、霧の正体は大英帝国時代の産業革命で噴出した工場排気で、そこからのイメージというCHIKAKOさんのお話が「へぇ~~~~」であったのと、マダムmarikoのお話を聞いて中国には絶対旅行したくない、ましてや中国産を口にするなんてことありえへんと心に誓ったことです。
少し前、中国で病死等した豚が川から流れてきたというニュースが日本人を唖然とさせましたが、
豚の川流れはあの時期普通、今年はそれが例年になく尋常な回数なのでニュースになっただけだそうです。
なんちゅう国なんだ。
仕事でお会いする中国の方々はそんなイメージは全くない方ばかりなんですけれどもねぇ。
(高級茶くれたり不思議なお菓子くれたりスカーフくれたり・・・・餌付けされてる私)
昔働いていた国立大学で管財の手伝いをしていた時、中国の留学生に卒業時に学生寮の備品(ソファやら椅子やらベッド等)を根こそぎ持って行かれていてびっくりしたことはよくありましたけど。

ラルクの話もHYDEの話もほとんどしてなーい

一瞬、K.A.Zさんの部分萌えでマダムmarikoとCHIKAKOさんとは盛り上がりました。


さて、そんなこんなでマダムたち、食事と邸の観覧が2時までにということも忘れてお話に興じている間にほんとに時間なくなっちゃって、メインの小伯爵邸観覧の時間がほっとんどありませんでした。
ざーーーーーっと駆け足で、でもシガールームと廊下(カーテンありませんでしたけど)は外さずに。
時間ないって案内係の方に言われているのに、最後に全員化粧室に篭り、またそこの可愛らしさに驚嘆し長居したりして。
最後は「早く出て行け!」な雰囲気の中追い出され、それでもまだ入り口で一人ずつ記念撮影をおっぱじめたりと・・・・・・きっと私たちだけじゃなく、ここに来られたファンの方は皆そうなんでしょうね。そうなんですよね?ね?ね?え?

最後にお庭は自由にということで、当日は午後から結婚式があるということでアレンジメントで飾られたお庭を幸運にも楽しむことができました。
正直言うと庭木の手入れは知り合いの庭師送り込みたいくらいだったんですけど。
庭はさほど作りこんでいる(当時はされていたのでしょうが)というレベルではなかったです。
営利目的の民間貸出ではそこまで民間は手を回せないというところでしょうか。

久しぶりにライブ以外で皆さんとお会いできて楽しかったです。
ライブ以外で会うなんて初めてなんじゃないでしょうか?
途中いきなりマダムmariko自身が勝手に決めた壮大な夢で多いに盛り上がったりもしました。
フランスにPV撮影現場巡り中心の旅行に行くというものでしたけど、勝手にマダム会員全員の夢になってましたね。
そこにCHIKAKOさんがロンドンに在住時の杵柄発揮で、フランスからドーバー海峡渡ってレントゲン巡りもしようとなり、いやいやまてよ、まずはその計画を練るために関西組巻き込んで(勝手に)聖地で温泉っていうのもいいねっ!という、マダムたちの果てしない夢は広がったのでありました。
執行はマダムmarikoの子育てが落ち着いてからだそうですが・・・・・・みんな元気でいましょうね。

ということで、皆さん楽しい時間をありがとうございました。
kazueちゃんも企画してくれてありがとう~。いろいろとお手数おかけしました。
せいらさんも遠くからのご参加、お疲れ様でした。また月末に会えるかなぁ?
CHIKAKOさん、久しぶりにお会いできて良かったわ。ロンドンの話、楽しかったです。
マダムmariko、久しぶりの日本、満喫してくださいね。でも飲み過ぎないように。
eikoちゃん、ママンの引率お疲れ様でした。また地元で・・・・・・・・
松井さん、私の引率いつもありがとうございます。えっと、11日またよろしくお願いします(今度は二人いるからね)
【2013/08/05 10:29 】 | 日々 | コメント(11) | トラックバック(0) |
WHAT's IN?.txt やっと買えました
ダ○エーの本屋さんには売ってませんでしたから。
昨日はお知り合いさんが日本橋高島屋さんで展覧会だったので、
どっちかというとtxt買う目的で都会に出ましたよ!

そしたら私、間違えて新宿の高島屋に行っちゃいまして、
受付で「何階ですか?」って聞いたら「場所違う」って、え?
わー、恥ずかしいじゃん!田舎者みたいでって、田舎者なんだよ!!

当の高島屋に着いたら着いたで中で迷いました。
百貨店のブース、碁盤の目みたいにきちんと区切ってくれたらいいのに。
あとね、歩いている間に新館とか本館とかに迷い込んだりするんですよ。
で戻ろうと思ったら○階でないと連絡通路がないとかって、
その連絡通路に行くまでにまた自分がどこにいるかわからなくなるんですよ。
 
もう目的地までにヘトヘトです。
お茶いただいてサッサと帰ってきました。
都会は疲れる。

で、txt、まだ読んでいませんが、写真パラパラと見ました。
ピント合ったのくださいと思いました。
七五三のマオ君がいたり、インティライミさんをちっちゃいkenちゃんと見間違えたりしました。

txtは読もうと思ってリビングで寝転んでいたら、娘が上に乗っかって寛ぎ始め、続いて息子も乗っかってきて、
私はクッションかと思いながら黙っていたんですが、
そのうちに二人が私のケツの取り合い(クッションがいい)をし始め、
それが娘が息子の顔にケリ入れた入れないの本気の取っ組み合いになり、
私の上で起こっている出来事にtxt読んでるどころではなくなりましてね。
そうこう言ってる間に私の背中にどっちかが思いっきり蹴りを入れ、
もうちゃぶ台ひっくり返すごとく、txt放り投げ、
その後三つ巴の取っ組み合いになりました。

ということで、txtが読めませんでした。
実はまだブルーレイも観ていません。

txtは今から読みまーす。
【2013/04/30 23:03 】 | 日々 | コメント(10) | トラックバック(0) |
VAMPSでダンエボ
先日娘から「ダンレボしてくるから夕飯に少し遅れる」とメールが来ました。
体育3なんですが、ダンスはバレエをしているお陰でそこそこできる娘。
普段ゲーセンなんて行かないんですけれど、そして全くできないんですけれど、
どうやらこれだけはできるようで、唯一友達と一緒に楽しめるゲーム。
でもよく聞いたら「ダンレボ」でなくて「ダンエボ」だったみたいなんですが。

で、思いました。
VAMPSさんもこんなPV作ってくれたらいいのにと。
ライヴで一緒に踊れるくらいのゆる~~いのでもいいし、
それでダンエボ大会できるくらいのクオリティのものでもいいし。
ハロウィンでダンスの勝者はステージでVAMPSの演奏にて生ダンスできる権利とかいいじゃないですか。
義務教育でもダンスは必須になったことですしね。
できたら、お腹と太ももにしっかり効く振り付けで3曲くらいください(母たちのために)
そしたら8月にラグーナあっても大丈夫です。

【2013/04/14 22:56 】 | 日々 | コメント(2) | トラックバック(0) |
殻を破る
ハリポタも終わったしブログ書くか(笑)


先日、お彼岸行事の後毎年我が家は流れで呑み会となるんですが、
そこでベロンベロンに酔っ払った家人が言ったんです、表題の台詞。


「温故知新」、古きを尋ね、新しきを知るというけれど、
本当は古いものを倣いたくなんかないんだ。
だからといって古いものが不要だというわけではなんだけどね。
新しいことをしたいんだよ!

同じことを考えている人間は世界にたくさんいるんだよ。
自分が昨日思いついたことを、今日形にされてるなんてことはしょっちゅうなんだなぁ~~~。
だから、考えてる奴は考えてるんだよ。
いつもいつも考えてるんだ! 考えてるんだ、くそー!

そしてそれを形にするのは・・・・・・・
本当に・・・・・・ほんのちょっとした差なんだよな。

殻を破らなくちゃ!




家人、物凄く酔っていたんですけれど、
その酔った家人の口から「殻を破れ」なんてお馴染みのキーワードが出てきたりしたものですから、
ちょっとびっくりというか。
そしてその、こんな風に言うとおこがましいですが、
なんかHYDEさんもきっとこんな感じなんじゃないんだろうかと。

己の殻を破れ。

つくり出すということの厳しさも魅力も、
酔った家人から改めて知った初春でありました。



さて、話変わりまして昨日流れていくツイの中で思わず二度見してしまったものなんですけど。



え!!って声が出ちゃいましたよ。
「一番お芝居が上手い」のか。
他のどんだけだよ(笑)
いやいや、「いつでも俳優になれます」って褒めてあるよ。
いやっ無理っ(観るのは)

ところでこれって、過去の映像のことなんでしょうか?
それとも今度のPVのことなんでしょうか?
新曲のことを言ってるのであるなら・・・・・・・・台詞があるってこと(ひぃぃぃぃ~~~~)



お返事

>う・・さん

私はソフトですけれど、あの砂嵐の中ではハードもソフトも関係ないです。
まず目は開けていられません。
穴という穴に砂が入ってきて、息子の耳の穴は真っ黒でした。

国立ライブDVDは如何でしたか?
hydeさんの歌っている姿、ラルクのライブというだけで買う。
それでいいんですよ!
私はちょっと面倒な性格なんです。
迷わせてしまってごめんなさいね。
私も買って観たら(例の箇所は飛ばすと思いますが)、
きっと感動して「最高~~~」って今頃言ってると思います(笑)

【2013/03/22 23:56 】 | 日々 | コメント(6) | トラックバック(0) |
JINちゃんお薦めのゾンビドラマ
JINちゃんがここのところ呟いてくれる「ウォーキング・デッド」が非常に気になっております。



このドラマ、全く知らなかったんですけれど、私にとってJINちゃんはゾンビ映画の師匠かつB級映画の神(勝手に)で、
その師匠が「泣ける!」って・・・・・一体どんな?





そしてゾンビ映画が40年もの歴史があることに驚きました。
「愛する人が目の前でゾンビとして彷徨っていたら」・・・・・という描写は大抵のゾンビ映画にはあるんですが、
それを塗り替えるって!!??
想像がつきませんよ。 そしてそこが泣けるらしい・・・・・





「ショーン・オブ・ザ・デッド」、「ドーン・オブ・ザ・デッド」のパロディなんですけど、
笑えるのか? 
いや、「素晴らしい!」って絶賛してるあたり、パロディで終わってるわけではないということですよね。
焼き直しではない方向性って・・・・・全く違った方向ということですよね?
まだゾンビ映画で新しい展開を描くことができるのかと思うと期待に無い胸が膨らみます。






そうなんですよ!
ゾンビ映画の最大の謎というか、そうしなきゃ終わらないみたいに
「危険な場所へ舞い戻る」生存者たち。
でも私は、「そんなもんだ」と思いながら観てただけで、
ゾンビ映画の問題点として捉えていたことはないんですけれど。
ただの娯楽映画として楽しんでいただけで。
それでいいじゃないか!とも思ったりもしてるんですが。
しかしこのドラマは、どうもそういうゾンビ映画に蔓延する問題を真正面から取り組み、
新たな金字塔を打ち立てようとしてるようです。


ちょっとこれからのJINちゃんの感想をのぞき見するのが楽しみです。
WOWOWでやってくれないかなぁ~。

私、冬山でJINちゃんとスキーよりも、あったかいホテルの一室でJINちゃんのゾンビ映画とかB級映画講座
っていうほうがいいなぁ。
いえ、行かないんですけどね、オフ会。

【2013/01/27 00:08 】 | 日々 | コメント(6) | トラックバック(0) |
2012年を今更振り返っておきます
年末よりバタバタしておりまして、新年のご挨拶もせぬままはや7日。
いろいろと書きたいこともあるのですが、とりあえず去年のブログを自分の覚えとしてサラッとまとめておきます。



というわけで、以下自分用記録。


1月
『BUTTERFLY』リリースにつきジャケット公開
BUTTERFLYのジャケットと「wild flower」


2月
BUTTERFLY雑感

テレ朝で特番
テレ朝特番1
テレ朝特番2
テレ朝特番3
テレ朝特番4

Mラバーの「XXX」hydeが素晴らしかった


3月
L'Arc〜en〜CielMSGで公演

MSG前のいろいろ

MSGライブビューイング感想

L'Arc〜en〜CielがMSGでの公演で成功を収めたことで
各種メディアがこの公演を取り上げてくれました
モーニングeye
めざまし
ZIP!

4月
MSGビューイング雑感

リキッドライブで777人限定ライブ


5月
L'Arc〜en〜Cielが国立でライブをしました
国立初日レポ
国立二日目レポ

秘話なのかな?
hydeが語るワールドツアー秘話1
hydeが語るワールドツアー秘話2

L'Arc〜en〜Cielホノルルにてツアー最終日
ZIP!
めざまし


6月

VAMPSがZEPP仙台を皮切りにツアーを開始
ZEPP仙台はその後解体されました
0616VAMPS LIVE@ZEPP仙台1
0616VAMPS LIVE@ZEPP仙台2

HYDE48投票間際で思わぬ伏兵出現

ドL’展開催


7月
VAMPS LIVE&VAMPARK ZEPP東京にて開催
VAMPARKレポ1
VAMPARKレポ2


8月
VAMPS、a-nationに出演

ラグーナ蒲郡でLIVE


9月
VAMPS@ZEPP東京最終日

VAMPS、氣志團万博に出演

ZIGO 「I'm in love」にハマる


10月
この月、BRZやらZIGOやらハロウィンにつきHYDEさんのコメントやらでラジオラッシュでした。
ラジオ起こしばっかりやっていました。

そしてHALLOWEEN LIVEレポ


11月
なんかこの月もラジオ起こしばっかりしてました。

暗黒秋櫻に行く


12月
この月はなんといってもWOWOWで放映されたVAMPS@ZEPP難波

VAMPS@ZEPP難波1
VAMPS@ぜpp難波2
VAMPS@ZEPP難波3

そしてMステすぺさる


こうやって羅列すると、まぁ去年もそこそこオタクなブログだったなと思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
【2013/01/07 00:09 】 | 日々 | コメント(8) | トラックバック(0) |
蘇民将来子孫家門


今年最後(多分)の伊勢出張です。
今日は4時から打ち合わせがあるので、
それまでに事務所の掃除を済ませました。

お日柄もいいのでしめ縄も取り替え、
お正月を迎える準備。

「蘇民将来子孫家門」これについてはいつだったかブログにも書いたと思います。
由来が知りたい方は検索して(笑)

ご近所さんには同じように「笑門」の札を掛けている所もあります。
これらは一年中掛けておきます。

来年もいい巡り合わせがありますように。






そうそう、駅から事務所までの途中に、凄く可愛らしいお家があるんです。
古いお家だと思うんですが、壁の色が可愛いでしょ?
この辺りの古民家は木造が多い中、かなりの異彩を放っています。
建てた方、ハイカラさんだったんでしょうね~。


ということで、4時まで年賀状書き。
仕事関係の年賀状が、まだ99枚残ってます。
勿論、まだ家の分は手付かずです(泣)

コメントのお返事が遅れていてすみません。
また後程させていただきます。

では!
【2012/12/13 15:35 】 | 日々 | コメント(0) | トラックバック(0) |
天使と悪魔の狭間
昨夜ですね、ちょっと片付けをしていたらVAMPSのDVD『BEAUTY AND BEAST』が出てきたんですよ。
驚いたことに、私まだDVDを拝見してませんでした。
ものすっごくびっくりしました。
おまけに、ゴールデンチケットのエントリーもせずにいました。
なにをやってたんでしょうか?
あほあほ、私のあほぅーーーー!!!


で、お風呂の前後に「WORLD DOCUMENT」のほうだけ1時間強ほど観ました。
あれ、何分くらいあるんですか?
そしたら、今更なんですけれど、まー、あんなK.A.ZさんやこんなK.A.Zさんがいて、
おぉーーーーーだったわけです。
笑ってるK.A.Zさんがめちゃんこ可愛かったり、
ご飯食べてるの姿がとてもスローでおぢいちゃんだったりしてました。
そして、ライブのK.A.Zさんはどんだけ格好いいんでしょうかね!! ね!!!!!

HYDEさんも表情がコロコロ変わって、可愛いぃぃー。 もう鼻の下が伸び放題でした。
海外のファンの様子も凄かったですねぇ。
ライブ中になにげにオネェがいたりしてましたけど。
普通の女の子たちよりちったいHYDEさんのほうが喰われそうですよね。


と、思ったらソファの後ろの床の上で寝てる有松さんにヤられました。
なんですかあれ? 電池切れたんですか?
かくれんぼしていたんだけど、なかなか見つけてもらえずにそのまま待ちくたびれて寝ちゃった子供ですか?

まだWORLDの方は全部観てないですし、国内のほうも観てないですし、
当然ライブ映像も観てないんですけれど、ぼちぼちとしばらく楽しみます。



そんなんで、DVDでVAMPSの二人を観たせいなのかなんなのか、
・・・・・・また、夢を観ました。 観ちゃった。 観ちゃったよ~~~~。
残念なことにエロくありませんでした(おい) PVみたいな夢でしたよ。
VAMPSの二人がそれぞれ双子で、それ観て私は興奮してました。
きっと寝る間際に観た「HALLOWEEN PARTY」のトミーちゃんのせいでしょう。
そして夢の中でも興奮してる自分を観させられる私。

細かなことは忘れてしまいましたけど、
「悪魔」も「天使」可愛いもんで、その狭間の存在自体が最凶・最悪のようなことをHYDEさんが歌ってました。
悪魔も天使もソレにコントロールされているだけで、
ソレの思惑次第でどちらにも転ぶ手のひらの上でもがいている存在。

で、実はソレっていうのが人間なんだよというような内容だったと思います。
要は、そのどちらをも押さえ込みコントロールさえできれば最強なんだということ?なんでしょうか?

まぁ、そんな内容でそれぞれ二人のVAMPS(正確に言うと3人なんですが)が出てくるんですけど、
ちょー格好よくって色っぽかったです。
お見せできないのが残念ですね! へっへっへ。

いや~~、夢っていいもんです!!!

というわけで、忘れてしまわないうちに書き留めておきました!
夢の話ですみません。


ところで、HJOのPV観ていて思ったんですけれど、
来年以降、HYDEさんの女装と同様AKIHIDEさんの女装も恒例化するといいなぁ。
ハイ子が出ない日はAKI子をお願いします。



お返事

>う・・さん
ほんと残念でした~~~。 けど、来年もありますしね! 
え? ありますよね?
来年、楽しみます!


>p・・さん
お久しぶりです~~~。
p・・さん、大変ですね。 p・・さんにお疲れが出てなかったらいいのですけれど。
しかし、「後悔はしてない」 立派です~~。
私なんぞ行けたくせにぐちぐち言ってますからね。
申し訳ありません。
来年はp・・さんにとってもHAPPY HALLOWEENになりますように!
ありがとうございました。
【2012/11/07 13:48 】 | 日々 | コメント(8) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。